blogブログ

同性愛、小児性愛、パートナーに関する強迫症への対処法

 

「小さい子に手を出してしまうのではないか」(小児性愛)

「同性愛者なのではないか」

「パートナーのことが本当に好きなのか?他の人を好きになったのではないか」

 

このような「性」についての強迫観念で悩んでいる人もいると思います。

 

人には言いにくいことであったりするし、強迫症だと気づかないでいる人も多いです。

 

今回はこのような症状への対処法について説明します。

嫌なタイミングで強迫観念が出てくる理由と対策

 

こんにちは。鈴木(komayamaco)です。

 

出てきてほしくないタイミングに限って強迫観念が出てくるってことありませんか?

 

「ここで強迫観念が出てきたら大変だなぁ」って時や、何も考えないで楽しいことをやろうとしている時に限って観念が出てくるって経験がある人もいると思います。

 

そんな人の多くは適切な対処について知らないため、改善していかないし、むしろ悪化していきます。

 

そこで今回は出てきてほしくないタイミングで強迫観念が出てくると悩んでいる人はどのような対処をしていけばよいのか?について解説します。

 

実践することで強迫観念が出てくるタイミングにいちいち悩まなくなってきます。

 

簡単にできる!強迫観念を扱いやすくする3つのポイント

こんにちは。鈴木(komayamaco)です。

 

今回は誰でも簡単にできる強迫観念を扱いやすくなる3つのポイントについてお話します。

 

強迫観念を扱いやすくなることで、対策を考えやすくなったり、観念にとらわれにくくなりやすいです。

 

子どもに使うことが多いですが、大人でも使えますので参考にしてください。

 

強迫行為をしなくても不安が弱くなるのを実感する3つの方法

こんにちは。鈴木(komayamaco)です。

強迫行為をしなかったら不安やモヤモヤは一て時には上がるけれど必ず減ってくるということは知っている人もいると思います。

しかし、以前Twitterでこんな質問をしてみたのですが

という結果に。

強迫行為をしなかったら不安やモヤモヤは減ってくると思っている人の方が多かったのですが、3割以上の人は強迫行為をしなかったら不安は強くなっていくと思っていたようでした。

個人的には結構いるなぁと印象です。

知識として知らなった人もいると思いますが、なかなかうまくいかなくてそう思えないという人もいるのかなぁと思います。

そこで今回は

・なぜ不安やモヤモヤが強迫行為をしなくても減ってくると思えないのか?

・どうすればよいか?

3つのポイントを解説していきます。

強迫行為をしなくても不安は弱くなるということを知り、実践することで多くの人が改善されますよ。

対応地域

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

海外

スカイプのみ対応

© KOMAYAMA COUNSELING OFFICE. All rights reserved.

Top