KOMAYAMA

Menu

こんにちは。鈴木です。

 

不潔強迫・洗浄強迫の人が病気を克服しようとして一番やろうするのは

「手洗いの時間を短くする」

ということではありませんか?

 

これはこれで悪くはないのですが、最初にこれをやろうとするとだいたいうまくいきません。

 

多くの人が失敗します。

 

ある程度は短くできるかもしれませんが、おそらく不安は残ったままでしょう。

 

練習の順番が間違っているんです。

 

不潔強迫・洗浄強迫の人がまずやらなければいけないのは

「汚れに慣れること」

なのです。

 

汚れに慣れずに手洗いだけを短くしようとしてもダメなんです。

 

汚れることに慣れ、手洗いをしなくてよくなったところで手洗いを短くすます練習をする。

 

この順番でないとなかなか克服できるところまでいきません。

 

・苦手な部分に触り

・キレイだと思っているところに汚れを広げ

・(全く)手洗いはしない

 

これを心がけてください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2014/10/09    カテゴリー

洗浄・不潔強迫

こんにちは。カウンセラーの鈴木です。

不潔強迫、洗浄強迫の人がまず初めに何をすればよいのか?について。

 

まず最初は、汚いと思っているもののリストアップをしましょう。

ドアノブ、リモコン、トイレ、などなど。

その怖さの度合いを0(全く不安ではない)~100(死ぬほど不安)の間で数値でわりふってください。

正確にする必要はないです。

全部100ってことにしないでください。

だいたいの怖さのランキングがわかればよいだけなので。

あとトイレでも、自宅のトイレと外のトイレでは違いますよね。

 

もう一つ、キレイにしておきた場所のリストアップをしましょう。

自分の部屋のベッド、スマホ、自宅の玄関、洗いたての洗濯物など。

これも汚されたら嫌な度合いを0~100でつけます。

 

これがすんだら、いよいよ練習です。

基本は汚いと思っているものに触り、そのままキレイにしておきたい場所に触れる、をやります。

例えばドアノブを触った後に、スマホに触り汚れを広げていく、といった感じ。

なかなか勇気が出ない人は2つのリストの低い点数を組み合わせてやってみるといいですよ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
btn_contact