KOMAYAMA

Menu

こんにちは。鈴木です。

 

強迫性障害で認知行動療法をやった場合、治療期間は人によって様々です。

でも、「だいたいの目安とか知りたい!」って人も多いと思います。

また治療していてもいつまでカウンセリングに通えばよいか知りたいでしょう。

ゴールがある程度見えないと一歩踏み出しにくいものです。

 

時々「強迫は一生治らないから付き合うようにしなさい」と医療関係者から言われたと聞きます。

そんなところに通っているなら、治せる可能性があるところに行った方がよいです。

 

この記事では認知行動療法で治療した場合の治療期間について書いていきます。

「治療期間」と「最後まで良くなる」とは違うもの。

ここではだいたい生活の支障がなくなり治療を終える人は、どれくらいの期間かかっているか?についてです。

一般化できるものではなく、あくまでも私見ではありますが参考にしてください。
続きを読む →

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2016/09/11    カテゴリー

不完全恐怖  |  強迫性障害全般

こんにちは。鈴木です。

 

「自分は小児性愛者になってしまったのでは」

「自分は同性愛者になってしまったのでは」

と、性的なことについて自分の意にそぐわない考えが出てきて、不安になるタイプの強迫の人がいます。

 

なかなか相談にしにくい内容なので治療に行っていない人もいるかもしれません。

しかし、治療しないとどんどんひどくなっていきます。

 

今回は、自分の意としない性的なことが頭に浮かんで不安な強迫タイプの対処法について書いていきます。

自分がやっている悪循環をとらえて、改善への一歩としてください。

続きを読む →

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2016/10/30    カテゴリー

縁起強迫

こんにちは。鈴木です。

 

暇は強迫のエサになり症状を悪化させやすくなります。

考える時間が多くなると強迫観念にとらわれる時間も多くなるので。

ですから、多少やることがあって忙しい方が楽に過ごしやすいでしょう。

 

しかし、意外に多いのが「何をしてよいのかわからない」と思う人。

長い間強迫にとらわれている人なんかは強迫と一緒にいる時間が長すぎて、フツーの生活が思い浮かばない人も多いんです。

どうせやるなら充実した生活につながるものがよいですよね。

充実した生活を過ごしていくことで、問題が少なくなってくることもあります。

 

この記事では、日常生活で暇な時間を少なくし楽しい時間を増やすために何をしたらよいか?の発想の切り口を6つ紹介します。

何をどうしたらよいかは人によって異なります。

記事を参考にして、充実した生活の一歩としてもらえると。

 

続きを読む →

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2016/12/04    カテゴリー

強迫性障害全般

こんにちは。鈴木です。

 

過去のことを思い出した時に「自分は大変なことをしてしまったのでは?」と考え悩む症状があります。

 

「あの時、失礼なことをいって傷つけてしまい相手は自殺してしまっているのではないか?」

「あの時、自分がやっていたのは犯罪ではないか?」

「自分のお腹の子どもは、夫の子ではなく他人の子どもではないか」

 

こんな風に考え、安心するために誰かに確認したり、調べたり、不安な場面を避けたりします。

 

この記事では、このような症状に対してどのようにしていけばよいかについて説明します。

悩んでいる方は参考にしてください。

続きを読む →

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2015/11/29    カテゴリー

強迫性障害全般
btn_contact