KOMAYAMA

Menu

こんにちは。鈴木です。

 

「自分は小児性愛者になってしまったのでは」

「自分は同性愛者になってしまったのでは」

と、性的なことについて自分の意にそぐわない考えが出てきて、不安になるタイプの強迫の人がいます。

 

なかなか相談にしにくい内容なので治療に行っていない人もいるかもしれません。

しかし、治療しないとどんどんひどくなっていきます。

 

今回は、自分の意としない性的なことが頭に浮かんで不安な強迫タイプの対処法について書いていきます。

自分がやっている悪循環をとらえて、改善への一歩としてください。

続きを読む →

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2015/08/16    カテゴリー

縁起強迫

こんにちは。鈴木です。

 

神様や悪魔が関連した強迫症状で悩む人がいます。

強迫性障害の人が集まるLINEグループ(OCDサロン、無料)でも時々話題にでるので対応を書いてみようかと。

 

「神様にお祈りをしてた時に悪い考えが浮かんできたから、何度もやり直した」

「悪魔に関連することを考えたら、のりうつって誰かに危害を加えるのでは」

とか。

 

神と悪魔とかこれ系の強迫観念は、病院で「統合失調症」と誤診されることがあるんですよ。

そうなると適切な治療にたどりつけないです。

「認知行動療法やっても悪化するだけ」とか間違ったことを言われることも。

確かに統合失調症でもそのような妄想がある人もいますけどね。

強迫性障害と区別がつきにくいのでしょう。

診断はお医者さん次第。

病院選びは大切ですね。

 

もちろんこのブログは強迫性障害に対することなので、あらかじめおことわりしておきます。

 

この記事ではこうした強迫症状で悩む人がどのように克服していけばよいか解説していきます。

 

続きを読む →

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2017/04/02    カテゴリー

縁起強迫

こんにちは。鈴木です。

 

縁起強迫で手洗いしているタイプがいます。

不吉なことや嫌な人が思い浮かぶと手を洗う、嫌いな人が触ったものに触れない、

など。

 

不潔強迫の「聖域」のように同じように嫌なイメージや考えに汚染されたくない「モノ」「場所」がある人もいます。

 

手洗いの時間は短いけれど回数が多くなったり、触れないもや見られないもの、いけない場所が多くなり生活に支障をきたしやすいです。

 

基本的な治し方は不潔強迫と同じですが、微妙に違うところがあります。

悩んでいる人は実践してみてください。

続きを読む →

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2017/04/02    カテゴリー

縁起強迫

こんにちは。鈴木です。

 

「家族や大事な人に、何かあったらどうしよう」

 

様々な強迫で出てくる症状です。

不潔強迫なら「家族がウィルス感染したらどうしよう」と考えて周囲を綺麗にするかもしれません。
確認強迫なら「薬を間違って飲み込んだらどうしよう」と考えて確認をします。
縁起強迫なら「家族に不幸なことが起こったらどうしよう」と考えて、何か儀式をするでしょう。

 

実際の治療では、家族や大事な人が大変になってしまうかもしれない不安に慣れていく練習をします。
家族を汚す、危険だと思っているものにさらす、不幸になりそうなことを考える、など。

 

治療方法を説明するとよく聞かれることがあります。

家族を危険にさらして強迫を治すって、どうかなぁって思うんですけど

 

強迫性障害の人が集まるLINEのグループ(OCDサロン)でも話題になりました。 

行動療法で治す=家族に危険なことをする、危険な人物になること、になってしまうことがあります。。

強迫にコントロールされているのですが、そこにはなかなか気づけません。

さて、この問題をどう解消するかについて書いていきます。

 

続きを読む →

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2016/07/24    カテゴリー

強迫性障害全般
btn_contact