blogブログ

過去のことが気になって確認するタイプの強迫性障害の治し方

こんにちは。鈴木です。

 

過去のことを思い出した時に「自分は大変なことをしてしまったのでは?」と考え悩む症状があります。

 

「あの時、失礼なことをいって傷つけてしまい相手は自殺してしまっているのではないか?」

「あの時、自分がやっていたのは犯罪ではないか?」

「自分のお腹の子どもは、夫の子ではなく他人の子どもではないか」

 

こんな風に考え、安心するために誰かに確認したり、調べたり、不安な場面を避けたりします。

 

この記事では、このような症状に対してどのようにしていけばよいかについて説明します。

悩んでいる方は参考にしてください。

曝露反応妨害法をやっても良くならないと思ったらチェックするべきポイント

こんにちは。鈴木です。

 

強迫性障害を改善には、曝露反応妨害法が不可欠です。

実行することで7~9割の方が軽減するといわれています。

曝露反応妨害法についてはこちら。

曝露反応妨害法の基本的な考え方を解説 強迫性障害の方は必見です

 

ただ「曝露反応妨害法をやってもよくなっていきません」っていう人がいます。

よくよく話を聞いていると、ほとんどの人がマズいやり方をしていることが原因なんです。

 

この記事では、曝露反応妨害・行動療法やっているのに良くなっていかない理由について4つ書いていきます。

当てはまる人はチェックしてみてください。

やり方を間違えず実行していけば、どんどん改善していくと思います。

 

手洗いや確認を後でやってもよいのか?って疑問にお答えします

こんにちは。鈴木です。

 

今回はよくある質問。

 

不安なものに挑戦して、しばらく我慢したら手洗い(確認・繰り返しなどの強迫行為)をやってもいいですか?

 

後で安心できるって条件なら不安なことに挑戦しても我慢できそうだから、そういうやり方でもよいの?ということでしょう。

例えば、外で汚いものを触り、しばらく我慢して、帰宅したら手を洗う条件でやるとか。

 

今回はこの疑問に答えていきます。

強迫への挑戦を継続する8つのコツ

こんにちは。鈴木です。

 

夏休みの宿題はマメにやる方でした?

 

強迫を良くするためには、不安なことに慣らす練習をしていきます。

練習という宿題を自分でこなしていくのです。

しかも夏休みの宿題と違い、基本的にやるかやらないかは自分次第で期限もない。

コツコツ続けるのが結構大変なんです。

つらいから、ついつい先送りになって時間が過ぎていきます。

今回は、自分で不安なことに挑戦する宿題を継続する8つのコツを書いてみました。

強迫の挑戦がなかなか継続できない!って人は必見です。

 

 

...567...1530...

対応地域

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

海外

スカイプのみ対応

© KOMAYAMA COUNSELING OFFICE. All rights reserved.

Top