blogブログ

強迫性障害の診断について解説します

こんにちは。鈴木です。

強迫性障害の診断ってどうなっているの?って思ったことはありませんか?

「強迫行為がバカバカしいと思えないけれど、この場合は強迫なの?」と思った時とか。

診断はお医者さんがするものだし、強迫の人は「強迫性障害かどうか」と強迫的に診断にこだわる人がいるので注意が必要ですが、診断がどういう基準かを知っておきたい人もいますよね。

今回はDSM-5という診断基準をもとに強迫性障害(強迫症)について解説していきます。

 

強迫性障害で万引きしたか不安で悩んでいる人の対処法

こんにちは。鈴木です。

 

お店に行ったとき「万引きしたのでは?」と不安でバッグを確認している人いませんか?

強迫ではよくある症状です。

テレビで万引きGメンとか見て怖くなってません?

今回は、万引きが不安な強迫性障害の対処法について説明していきます。

怖いかもしれませんが、実行すれば良くなっていきますよ。

名前や曲が思い出せない病気?もしかしたら強迫かも

こんにちは。鈴木です。

 

人の顔、曲や映像など「あれなんて名前だっけ?」と思い出したくても思い出せない経験はありませんか?

あれってモヤモヤしますよね。

そういう経験は誰にでもあるでしょう。

しかし、人によっては思い出そうとしすぎて、生活に支障がきたすことがあります。

全く重要ではないことでも思い出すまで何も手につかなくなり、それが生活の中のあらゆるところでおこってしまうのです。

強迫と診断されている人の中に時々ある症状です。

 

今回は、名前などを思い出そうとして調べたり確認したりする症状への対処法について書いていきます。

 

勝手に浮かんでくる強迫的な思考への対応方法

こんにちは。鈴木です。

 

強迫の人は、自分の意志に関係なく浮かんでくる思考に悩まされています。

「汚いものに触って、子どもが死んでしまうのではないか」

「火がついていて自宅が火事になってしまうのでは」

「自分は何か犯罪を犯してしまっているのでは」

「何か悪いことが起こるのでは」

「相手に何か失礼なことをいったのでは」

こんな感じの考えたくない思考に限って浮かんできますよね。

 

今回は、この勝手に浮かんでくる思考に対して、どのような扱いをすればよいかについて説明します。

知っておくことは強迫を克服する上でとっても役に立ちます。

...234...1530...

対応地域

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

海外

スカイプのみ対応

© KOMAYAMA COUNSELING OFFICE. All rights reserved.

Top