blogブログ

個人情報流出が不安な強迫の克服法

こんにちは。鈴木です。

 

情報が漏れるのが不安って人いませんか?

不安でネットショッピングをしない、クレジットカードを使えない、ごみ箱を何度も確認するなど。

 

会社でも機密情報を漏らしたのではと不安で何度も確認してしまう人もいます。

 

不安な人は私のカウンセリングを受けたいと思っても躊躇します。

「鈴木って誰だよ。ネットでしかやってないし、こんな人に話してネットで情報もらされたらどうしよう。カウンセリング料金払って連絡もこなかったらどうしよう」

とか。

まぁ、その気持ちはわからなくもありませんが(笑)

 

今回は、情報が漏れるのではないか?と不安な人がどのようにすれば、克服できるのかについて説明していきます。

 

怖いと思いますが、実践すればよくなってきますよ。

 

ゴミの中に大事なものが入っているかが不安で確認するタイプの強迫性障害の治し方

こんにちは。鈴木です。

 

強迫性障害の症状で

「ゴミの中に大事なものが入っているような気がして何度も確認してしまう」

というものがあります。

ゴミを捨てるのに何時間もかかったり、捨てられなくなって家族に捨ててもらったりするなど生活に支障をきたします。

 

この記事ではこのような症状への対処について説明していきます。

やればかなりの人が良くなるので実践してみてください。

 

別のタイプでゴミについて「何かに使うかもしれない」「2度とみられなくなるから捨てることが不安」でゴミ屋敷になっているタイプはこちらに対処法を書いていますので参考にしてください。

 

「悪口を書いたのでは」と不安 確認強迫はどう克服すればよいか?

こんにちは。鈴木です。

 

「誰かの悪口を書いたのでは」

「自分は何か失礼なことをいったのでは」

「卑猥なことをネットに書いてしまったのでは」

 

こんなことを不安に思って確認を繰り返している人はいませんか?

 

要するに「自分が何かマズイことを言ったり書いたりして、それを他人に知られたらどうしよう」という不安。

 

何か紙に書いたと考えれば、じーっと紙を確認。

ごみ箱から紙を拾って書いていないか確認することも。

 

「失礼なことを言ったのでは(書いたのでは)」と考えれば、

「さっき変なこと言っていないよね」

「さっき悪いこと書いていなかったよね」

他人に確認します。

「大丈夫だよ」と言われて安心。

 

そんなことを繰り返していくうちに、外出先で壁や本に「書いてはいけないものを書いたのでは」と不安で怖い場所を避けるようになります。

ペンをもったり、ネットを見たりするのが出来なくなる人も。

 

この強迫症状についてどう克服していけばよいかについてご紹介します。

 

鍵を何度も確認してしまう 確認強迫の克服法

こんにちは。鈴木です。

 

確認強迫の代表的な症状は外出時の確認でしょう。

窓の鍵、コンセント、ガスの元栓、水道、電気。

確認強迫の方の多くが「確認を減らそう」「よし!って思えるまでやろう」と思ってやっています。

それではうまくいきません。

今回は、外出時によくありがちな強迫行為とその対策について書いていきます。

確認強迫の方は是非実践してください。

 

 

123...

対応地域

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

海外

スカイプのみ対応

© KOMAYAMA COUNSELING OFFICE. All rights reserved.

Top