blogブログ

強迫症を克服するために過去と向きあうことは必要か?

こんにちは。鈴木です。

 

よくある質問の一つが「強迫を治すためには自分の過去の出来事と向き合う必要があるのですか?」というもの。

多分、何かの本やカウンセリングなどで

「強迫になったのは過去の出来事が原因だから、それに向き合わなくては治らない」

みたいなことを、見たり聞いたりして、そのような疑問が出てくるのだと思います。

特に「両親との関係が・・・」と考えている人が多いようです。

 

今回は強迫を克服するのに過去の出来事を思い出して向き合う必要があるのか?についてご説明します。

 

「他人を殺してしまうのでは」と不安な強迫の克服法

こんにちは。鈴木です。

 

殺人や強盗、痴漢などニュースを見ると「自分もやってしまうのでは?」と不安になって、不安なことを避けるタイプの強迫の人がいます。

「急に発狂して、コントロールできなくなり、人を殺してしまう」など考えていませんか?

包丁やハサミなど武器になりそうなものを使えなくなったり、人を避けたりして支障をきたすようになります。

今回は、上記のような症状で困っている人の対処法について紹介します。

実践することで怖い想像に振り回されなくなるでしょう。

強迫が改善した人から聞いた認知行動療法を成功させるコツ

こんにちは。鈴木です。

 

強迫が改善した人の話を聞くことは効果的です。

しかし、同じように悩んでいる人の話はあっても、改善した人の話を聞く機会はなかなかないと思います。

 

認知行動療法は強迫に最も効果的な治療法ですが、不安に挑戦していく方法なので、なかなか一歩踏み出せない人も多いでしょう。

「良くなっている人は、どういう気持ちでやっているのですか?」とよく聞かれます。

 

そういうことは認知行動療法で強迫が改善した人に聞くのが一番です。

今回は、認知行動療法で改善した、田中さん(仮名)にインタビューしました。

以下のことについてお話していただきました。

 

・認知行動療法やろうとしたきっかけは?

・不安に挑戦する勇気が出ない時はどうやって抜け出したの?

・どのような心持ちで強迫の人が専門家の元で認知行動療法をやればよいか?

 

これから認知行動療法の治療をする人にとって参考になるかと思いますので是非ご覧ください。

強迫の人が集まってランチ会しました OCDサロンオフ会in福岡

こんにちは。鈴木です。

 

強迫の人のLINEグループ(OCDサロンのオフ会を福岡で開催してきました。

個人的にも福岡は初。

とっても楽しみにしてました。

オフ会っていってもランチ会です。

なかなか強迫の人と出会って話す機会って少ないですよね。

少ない人数だけど安心してお話できる場を提供できればと思って開催しています。

 

普段の人間関係では強迫のこと話すと「理解されない」と思うことがあっても、オフ会では「あるある」の話となります。

だから共感してもらえるんですよね。

 

今回もいろいろお話が聞けました。

オフ会の様子をレポートします。

そこで出た悩み事やそれに対する私のアドバイスものせてみました。

123...153045...

対応地域

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

海外

スカイプのみ対応

© KOMAYAMA COUNSELING OFFICE. All rights reserved.

Top