blogブログ

強迫性障害の原因って何?

こんにちは。鈴木です。

 

「強迫性障害の原因は何だろう」って思いませんか?

よく私も聞かれる質問ですが、ネットで調べても、お医者さんに聞いてもその答えは人によってそれぞれだったりします。

ちょうどOCDサロンでも質問をもらったので、以前書いたこともあるのですが、もう一回書いてみようかと。

OCDサロンについてはこちら。

のんびりやってます。

 

原因についていろいろ言われているのはすべて仮説です

結論から言うと、強迫性障害の原因については不明です。

実は強迫性障害に限らず、うつ病とか他の病気についてもそうです。

よくお医者さんが「脳の病気ですよ」「セロトニンが~」って言いますが、それはあくまでも「仮説」であって、証明されていません。

お医者からすれば、薬を出す理由としてそう言わざるを得ないのかもしれませんが。

行動療法だけで頑張れば1~2ヶ月で良くなる人がいるのに、脳の病気が云々ってのは説明がつかないです。

時々病院で「脳の病気だから薬飲まないとよくならないよ」と指導される場合があるようです。

これは人によっては間違った指摘と言えます。

もちろん薬を飲まないとなかなかうまくいかないケースもありますが、そうでないケースも多々あります。

 

まして「過去の親子関係のせい」って説なんかは同じ仮説でも薬と違って、親子関係の葛藤が解消されても強迫が良くなりません。

 

「親から厳しく育てられてきたし、手洗いもよくするよういわれてきた。そういう環境の人は強迫になやすいって言われている」と思った人もいるかもしれません。

確かにそれは強迫を加速させる一因としてはあり得ます。

しかし、仮に同じ環境で育っても、強迫になる人とならない人がいます。

ということは、環境だけが原因ではないってことです。

そうなると何が原因なります?性格?脳?遺伝?ホルモンバランス?

 

原因探しは時間のムダ

あえて心の病気の原因を言うとすれば「遺伝、環境、性格、ホルモンバランス、脳の状態、タイミングなどが複雑に絡み合って強迫になった」となるでしょう。

原因をさがしたところで結局わからいので探すだけムダです。

何かのせいにしたってしょーがないのです。

治療が遅くなるだけ。

原因はわらかないことを受け入れた方が良いです。

「なぜ強迫になったか?」ではなく、「どうすれば良くなるか」を考えましょう。

 

どうしても「原因があるはずだ!それを知りたい!」って人がいるかもしれません。

そんな人はとりあえず強迫を治してから原因探しをしてみては?

でも強迫が良くなれば原因なんてどーでもよくなることが多いのですよ。

 

原因はわからなくても強迫は良くなる

強迫の原因はわかっていませんが、薬や行動療法など良くなる方法はあります。

心の病気って原因がわからなくても良くなるって特徴があります。

 

よく「薬と行動療法以外の方法ないですか?」って聞かれます。

ほとんどが、行動療法が怖いから他の方法はないの?思っている人でしょう。

原因探しに走る人もいます。

今のところほかに効果があるという根拠がある方法はありません。

そんな方法があれば、真っ先にお伝えしたいところです。

漢方とかサプリメントとか科学的根拠はないですよ。

行動療法は大変なので、やりたくないって思うのもしょうがないところ。

しかし、最後まで実行されれば、7~9割がなんらかの改善があると言われているので、改善したいって人は最有力な方法といえます。

 

原因探しをしたって良くなりません。

どうすれば良くなるかを考えましょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

対応地域

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
  • 新潟
  • 長野
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 愛知
  • 岐阜
  • 静岡
  • 三重
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

海外

スカイプのみ対応

© KOMAYAMA COUNSELING OFFICE. All rights reserved.

Top