KOMAYAMA

Menu

強迫性障害全般

いつか勇気が出たら強迫に挑戦するで本当にいいですか?

2015/11/15

こんにちは。鈴木です。

 

実は私、一度心肺停止になったことあるんです。

 

与論島って知ってます?

鹿児島県なのですが沖縄に近いところです。

101011_0909~01

キレイな海が特徴的です。

 

昔そこで溺れたんです。

10分以上心肺停止だったのですが、ライフセーバーの方や病院の方のおかげで復活しました。

ここまで心肺停止になりほぼ後遺症もなかったのは珍しかったみたいです。

与論島の方にはいろいろお世話になりました。

 

数日後、意識が戻り思ったことあります。

「人間っていつ死んでもおかしくないんだなぁ」と。

本当にあっけないです。

よく言われていることなんですが、本当にそうなんだと実感。

 

それからは「今」を意識することが増えました。

人生は永遠ではなく、いつどうなるかわからない。

だから今やれるところは今やる。

時々思うようにしています。

今日、一生懸命今を生きたのだろうか?自分にとって大事なことを大切にできたんだろうかと。

まぁ、毎日は無理ですが(笑)

 

 

「いつか」不安に挑戦しよう、ってそれで本当にいいですか?

 

強迫に挑戦するって怖くてなかなか踏み出せないものです。

いつか不安に挑戦しよう、ストレスが少なくなったらやろう、もう少し余裕ができたらやろう、勇気がでたらやろう。

 

ついつい先延ばしにしたくなりますよね。

 

強迫に挑戦しようがしまいが、どんどん時間が過ぎていきます。

 

一度考えてみて下さい。

明日私のように溺れてしまい、生きているかもわからない。

それでも〇〇になったらやろう、と先延ばしをするでしょうか。

手洗いや確認をする1日にするでしょうか?

家族や大切な人が明日どうなるかわからなくても強迫に巻き込むでしょうか。

好きで強迫をやっているわけではないはず。

好きなことをやり、周囲とは楽しい話題をしたい。

そんな生活を送りたいのではありませんか?

 

人生は永遠ではなく限りがあります。

それは平均年齢とは限りません。

 

そう考えると〇〇になったらやる、ではなく、今やるって選択するのも一つではありませんか?

強迫よりも今大切にしてることや、今やるべきことが見えてきませんか?

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2015/08/02    カテゴリー

強迫性障害全般
btn_contact